権利収入がないなら普通に働いて普通に日給一万くらいもらいたい。

権利収入がないなら普通に働いて普通に日給一万くらいもらいたい。

時代は権利収入を一人でも多くつかみやすくなってきている。強豪が増えてくれば権利収入を稼ぐことも難しそうに思えるが、実際はどうなん。

 

 

 

心の声です。だって口に出そうものなら「それくらいもらえるバイトはマジでキツイ、訳ありのブラックばっかりだよ〜」と、どこかしこからなんだから現実見てるっぽい人が現れるから。

 

 

そうだよね、すぐに現金が入用になるような計画性のない生活送ってるやつが甘えたこと言ってんなった感じだよね。はい、現実見て、誰にでもできるお仕事して日給六千円ほど、え?交通費は主要駅からしか出ない? はい、どこもそんなもんですよね。経費諸々引いて手元に残ったのは五千円以下。はい、はい、これが現実。そうなの?

 

 

 

知らない人たちに囲まれて、一日中拘束されて、諭吉一枚ももらえないのがゲンジツってやつなの!?

 

 

いや、そんなことはなかったですよ。スーパーとかでたまにやってる、試食試飲のアルバイトあるじゃないですか。あのホットプレートでウインナー焼いて爪楊枝刺してる、あれ。マネキンとか呼ぶ人もいますね。やってみたことあるんですけど、普通に日給一万は出ました。土日連続で入ったり、忙しい時期(GWとか夏休みとか)に入るとさらに二千円三千円上乗せでもらえたり。

 

 

で、でもお金という対価がもらえるということは働く人間は何かを代償に差し出さねばならないはず! 給料高い=キツイ! これがゲンジツ!

 

 

 

まぁ確かに人前に出る仕事ですから、工場作業系なんかに比べたらめんどくさいところもいろいろあるかもですね。以下、よく言われてる試食試飲の仕事のデメリット

 

 

 

・ホットプレートなどの仕事に必要な器具を自分で用意しないといけない。
・サンプルを買い取りしないといけない。
・ノルマがきつい。
・電話報告で電話代が飛ぶ。
・報告書作成がめんどくさい。
・研修で時間をとられる。
・コミュ障は面接に受からない。

 

 

ここらへんが実際どうだったかを、自分が昔登録していた「マーケティング・コア」という会社の場合で書いていきますね。

 

 

 

ちなみに、この業界では一位二位を争う大手です。某巨大掲示板に定期的にスレが立ったりもしてますね。

 

 

 

そこで比較的悪い評判が少なかった(大体派遣会社って酷評受けてるとこばっかなので、この比較的な子を探すのが肝要だったりします)のと、「大手」っていうのが元々ここを選んだ理由でした。派遣会社に関しては、大手を選ぶに越したことはないっていうのが鉄則です。

 

 

 

何故なら大手=回って来る仕事が多い→常に人材不足→アルバイターの側に良い条件が増えるという方式が成り立つからです。

 

 

 

あと出る杭は打たれる方式で法の監視が厳しくなってくるので、コンプライアンスが比較的しっかりしてるところが多いですね。比較的ね。働いてみた感想としても、この業界の派遣会社としてはマーケティング・コアはいろいろしっかり出すものは出してくれたし、おすすめできる方かなあと思いました。80点くらい?

 

 

 

さて、話を戻して、デメリットの分析です。

 

 

 

・ホットプレートなどの仕事に必要な器具を自分で用意しないといけない。

 

 

 

→マーケティング・コアに関してはこれはなかったですね。必要な器具は大体会社に借りることができました。

 

 

 

それを現場まで持っていくのは自分なので、重いという苦労はありますが。紙コップや紙皿などの消耗品も基本経費で落ちます。

 

 

余った分はちゃんと会社に返してね、と念押しはありましたが。唯一、自費で購入しなければならなかったのはエプロンとトレーくらいですかね。

 

 

毎回使うものなので、初回に購入してしまえば終わりです。全部百均で揃えられるので、せいぜい五百円くらいの出費でしょうか。繰り返し使うことを考えれば痛くも痒くもないレベル。あと、服装は黒ズボンに襟付きのシャツだったかな?指定があって、持っていなかったら買う必要がありますが、まぁ週末だけの話ですから一枚ずつあれば十分でしょう。

 

 

 

・サンプルを買い取りしないといけない。

 

 

 

→そんなことはないです。そんなことがあったらブラックなので速攻辞めた方がいいですね。現実見てる場合じゃないです。

 

 

 

その日の試飲試食に使う分は自分の財布から一旦立て替える必要がありますが、あとできちんと経費で落ちます。そんなに高額になることはなかったので使用したことはありませんが、マーケティング・コアではこのお金がなかったら会社から借りられる制度もありましたね。

 

 

・ノルマがきつい。
→ノルマは基本ないです。あっても目安程度。逆にインセンティブが出るものはありますが、これ売らないと減給!とかはなかったですね。一個だけ、規定数を売らないと帰れない案件がありましたが、残業代が働いた時間分出るようになっていました。

 

 

 

・遠くの店舗まで行かされる

 

 

→一時間も二時間も電車に乗って行かされます。近くの店舗で知り合いに合うのが嫌って人には逆に有り難いらしいですけどね。

 

 

 

交通費は絶対全額支給されるところを探してください。あとは遠くまで行かされるほど早起きしなきゃいけないのがつらいですね。これは勤務時間とは関係ないので。帰りの電車がなくなったときのタクシー代や宿代は出ます。

 

 

・電話報告で電話代が飛ぶ。

 

 

→起床報告、家を出た報告、入店報告、始業報告云々とにかく電話報告はたくさんありました。電話代は自分もちでしたが、まあ給料と照らし合わせたら納得できる程度。

 

 

 

 

・報告書作成がめんどくさい。

 

 

 

→これはめんどくさかったです!

 

 

 帰り際お店の人にハンコもらわなきゃいけないのに担当の人がなかなか見つからなかったり、後日期限までに提出しに事務所まで行かないと行けなかったり。郵送もできるんですが、切手代は自分もちなのと、振り込みにすると手数料が取られるので、お給料をもらいにいくついでに結局直接提出している人が多かったです。

 

 

このときの交通費は出ないので、次の仕事が決まっていたら同時に研修を受けにいくのが吉です。

 

 

 

・研修で時間をとられる。

 

 

→マーケティング・コアでは働きに行く前に別日に研修に行かなければなりませんでした。大体他の派遣会社でもそうじゃないかな。

 

 

逆に研修ないと、当日何喋っていいかわからないので、ちゃんと決まり文句教えてくれるところの方が助かります。このときの交通費は出ました。勤務地が遠くになるのは仕方がないですが、事務所は自宅の近くにあるところを選んだ方が楽かもしれませんね。何かと顔を出さないといけないので。

 

 

 

・コミュ障は面接に受からない。

 

 

 

→鉄則のところでも触れましたが、大手は基本人材不足なのでよっぽど見た目に清潔感がないとか、挨拶もろくにできないとかでなければ受かります。特にこの仕事は女性の需要が高いですね。でも、男性もそれなりにいますよ。

 

 

 

男性の方が売りやすい商材ってのもあるので。大学生なんて身元がしっかりしてるので絶対受かります。あと主婦。

 

 

 

恐らくこの仕事に求められているのは、「特にスキルはないけど、人前に出て常識人っぽく振舞うことぐらいならできるよ?」って人。

 

 

 

それすらできない人も含めて受け止めるぜって仕事が先に上げた実質日給五千円程度の案件。いや、それはない。普通に働くくらいできるよ。って人は普通に日給一万くらいもらいに行こう!それがゲンジツ!

 

 

権利収入の公式

 

 

日本社会において権利収入を立ち上げるのはそこまで難しくないのだ。だって人が遊んでいる時間。飲んでいる時間を含めて自分にできることは沢山あるのだ。

 

 

 

権利収入を+の収入源にできたら面白い人生が待っているような気もする。